ど素人おじさんのblog 2005年12月

玄関のドアホン(ホーン)をカメラつきにしてみた。

最近世の中では物騒なことが続いていますよね。困ったものです。
うちのおかみさんは、県警のホームページから安心メールの登録を行なっているのですが、不審者情報なんかが頻繁にケータイメールに送られてきているようです。
最近、おかみさんの知合いの家でも玄関先で不審者騒ぎがありました。
近所でも不審者騒ぎがこのところ多くなってきました。

うちの飼い犬オレンジは番犬としてはたよりないしなぁ。

実は玄関回りのことでずっと悩んでいたことがありました。
我家の玄関は門がなく、オープンスタイルでいきなり道路から玄関まで入ることが出来ます。幸い砂利を敷き詰めているので、歩くたびに大きな音がします。夜は特に響きますし、センサーライトも仕込んでいます。
ただ、一つ欠点が。。。。。
我家の玄関にはドアスコープがありません。以下のように、ガラス張りな感じのためです。
ドア

なおかつ我家のドアホンはカメラ付ではありませんでした。
だから玄関の様子は実はずっと「死角」だったわけです。

カメラ付のドアホンについてはずっと頭にありました。
各社からいろんな製品が出ていて、特にパナソニックの「ドアホン電話付き」
どこでもドアホン電話付き VL-SW104K [VLSW104K] 【J:4984824686755-3-473】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】
はかなり魅力的でした。人感センサー反応で自動録画、子機でも外がうかがえるのは大変便利なのですが、3秒ごと「カクカク表示」は動画ではなく静止画表示はちょっとどうかな?という感じがして、また、約7万円というのはちょっとひいてしまいました。

で、思い切って約3分の1の価格で、極限に必要最低限の機能で選んだのが、KD22アイホンです。
テレビドアホン KD-22(アイホン) [KD22アイホン] 【J:4968249556244-3-1101】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】
夜間でも内蔵照明が対象を照すカラー対応です。ただ人感センサー反応で自動録画や親子機能はないシンプルなモデルです。
一つだけ心配だったのは、親子機能がないため、我家は二階建てで呼出音が届くかなという問題がありました。増設で2台まで呼び出し音専用の子機(スピーカー?)を取付けられるようですが。。。。

続きを読む

テーマ : 防犯
ジャンル : ライフ




消えてしまったホームページを見るには

ある日、見つけたサイトが自分にとってとても有益でページの量が膨大にあった場合で、時間の都合がつかない時、とりあえず「ブックマーク」をするわけですが、そういうときに限って、目的のサイトは消滅したりします(笑)。

それで、Googleなどの検索エンジンのキャッシュなんかを見たりすると、自分の求めていた時期のものでなかったりして、身もだえする事がしばしばです。そんなとき、サイトを丸ごと保存するソフト(NeoEzw:現在配布中止?)なんかを利用しなかったのかを後悔したりします。でも、現実はなかなか腰が重くそうは行きません。

そんな時、とりあえずURLが判明している場合Waybackmachineというサイトがあります。
アメリカのサイトで英語に苦手な方は(私も:笑)、少々戸惑うかもしれませんが、
詳しくは
「時間の穴」というサイトで詳しく解説されています(感謝)。

このWaybackmachineでは、驚くべき事に、サイト情報を年・月別にキャッシュデータを保存しています。サイトによっては画像ファイルまで保存されている場合もあります。また、サイト内のカテゴリーもほとんど復元していると思われます。
こんな強力なサイトが実は非営利団体で運営されていますので、インターネットの精神をひしひしと感じてしまいます。

そういう感じで、違った利用法としてサイトの履歴(変遷)をたどる事もできます。過去にさかのぼってノスタルジー?に浸ることができますね。
タイムマシンみたいだと誰かが記事を書いていました。

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ




湿度温度計で再認識

最近我家でTANITAの湿度温度計を二つ購入しました。

実は湿度温度計って意外に購入するのに苦労します。また、なかなか気に入ったものにめぐり合えないものなんですね。見かけのワリに高かったりとか。。。。
購入したのは、ちょっと小さめで、壁掛け専用と、壁掛け両用のタイプです。
TANITA 温湿度計 ホワイト TT-509-WH
TANITA 温湿度計 ブルー TT-510-BL

両方とも千円以下ですが、性能はなかなかの評価がされているようです。
まあ、もともとタニタは「はかり」のメーカーとしてはかなりメジャー級ですからね。

冬になると空気が乾燥するということで、加湿器の登場と言うことになるわけなんですが、実は過度の湿度になってる可能性がほとんどであると、何かの記事で指摘されていました。

で、実際娘の部屋と1階のリビングに設置したわけなんですけれど、今の時期は例年すでに加湿器は作動させているころなんでけれど、湿度計では「快適ゾーン」に対して、一階では「湿度が適当範囲」。娘の部屋ではか「ちょっと過多」な状態でした。

これは、ちょっとショックでしたね。

娘はちょっとアトーピーで乾燥肌には注意が必要なんですが、部屋が必要以上の過度の湿度であれば、カビやダニの問題が出てくるわけなんですね。
やはり、思い込みは禁物で現実を知ることは大切なことです。
客観的な尺度が局所局所では必要なんだと感じました。

ともかく、今後は快適ゾーンを意識して生活環境を整えようかと思っています。

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット




プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 12
2005
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる