ど素人おじさんのblog 2014年02月

ハリヤのシートピン交換

ハリヤの気になる部分のひとつであった「シートピンの錆」の対応のため、
自転車店めぐりをしましたが、ママチャリ用のものしか見当たりませんでした。
錆付いたシートピン

リングとセットものもありましたが、今ひとつ心が動きませんでした。
そこで、Amazonです。
いろいろ検討した結果、以下を購入しました。

アルミ クイックシートピン レッド
また、錆びてしまうのがイヤだったので全体的にステンレスかアルミというのは、
必須事項としていましたが、これはALLアルミ製のようです。
送料無料の850円で少し高い気がしましたが、ぴんと来るものがあったのでこれにしました。

2日で現物が届きました。
届いたシートピン
Amazonのページの画像よりも色はどきつくなく、シックな赤系です。

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用




BabylonとSweet-pageの迷惑な話

最近、立て続けにBabylonとSweet-pageの駆除を行いました。
私のマシンではないですけどね。

Babylonは翻訳ソフトのメーカーのtoolbarなどがインストールされ、
ブラウザの設定が変えられてしまいます。
原因は、フリーソフトのダウンロード/インストール時に、
あまり説明を読まずに(英語ですからね)、
気軽にクリックで進んでしまったためのようです。
数年前からこの手の、同梱型のたちの悪いソフトのインストールがありますよね?
フリーソフト自体は、とっても役に立つ優秀なものも多いんですけどね。

最初に出会ったのは昨年2013年秋ごろで、
知り合いがブラウザでのBlogの更新が出来なくなってしまい、
blogの管理業者に問い合わせたところ、
このBabylonが原因だと言われたそうです。

ところがこのBabylonは、
コントーロールパネルでアンインストールされたように見えても、
動いてるみたいなんですね。
制御不能になっていました。
昨年2013年秋ごろの対応は、ネットでやり方をいろいろ見つけて、
結局、レジストリまで修正して対応しました。

で今回は、Adw cleanerというフリーソフトで対応しました。

以下
http://www.bleepingcomputer.com/download/adwcleaner/
でダウンロードして、
ダウンロードファイルは単体プログラムで動作します。

使い方は、「ネットセキュリティブログ」と言うブログの中の、
ブラウザハイジャッカー!Babylon Toolbar 【Babylon Search】 の検証と削除方法について
でとてもわかりやすく解説されています。助かりました。

あと、ブラウザのホームページがGoogle風にSweet-pageにいつのまにかなってしまい
やや詐欺まがいのソフトのインストールに誘導するバナーが表示
例えば

「Microsoft CERTIFIED Partner お使いのパソコンの性能が低下しています Windowsのエラーを直ちに修正して下さい リペアツールをダウンロードする」

などの現象もありました。
原因は、同じようにフリーソフトのダウンロード/インストール時の同梱が多いようです。
このSweet-pageの駆除も、「コントロールパネル」や「復元ポイント」ではうまくいきません。

これも
Adw cleanerで対応できました。
レジストリーを弄り回すよりずっと安全な気がします。

その記事も
ネットセキュリティブログ」と言うブログの中の、
【注意喚起!】 ブラウザハイジャッカー!〖Sweet-page.com〗について
に記載されています。

本当に助かりますね。

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ




HDDのバックアップクローンを作るには

最近、またもやHDDのトラブルに見舞われました。
起動を20回以上も繰り返しやっと1回立ち上がるという業務用PCでした。
一旦、立ち上がってしまうとフリーズはほとんどないということでした。

対応として、すかさず、
センチュリー これdo台PRO KD25/35PRO

でクローニングでHDD換装を試みましたが、読込みエラー後にシャットダウンを繰り返すばかりです。
スキップ機能も働きません。やはり読込みエラー後にシャットダウンの繰り返しです。
センチュリー これdo台PRO KD25/35PRO
には、チェックディスク機能もあるのでこれも試しましたがこれも、エラーが繰り返されました。
また、別のPCで「外付けHDD」でUSBもeASTA接続も試してみましたが、
HDD自体は認識されるのですが、「不明なディスク」となりアクセス不能でした。

状況から見て、消去法でHDD自体に問題があることは明らかでした。しかしそれが基板なのか、ディスク自体にエラーがあるかは不明でした。
通常はここで潔くあきらめて、正常なHDDを換装し、「各種お引越しツール」「各種バックアップ(ソフト)」からリストアするか、再インストールをやります。

ところが困ったことに、このPCは一切のバックアップがされておらず、OSもプリインストール版で付属のCDはありませんでした。
さらに、インストールされているアプリケーションは再インストールが出来ないものが含まれていました。
したがって、不具合HDDの「お引越し」が必須でした。
しかも、まずは15時間後にはどうしてもこのPCを使わなければならない事態に直面していました。
久々の大ピンチです。

これまでの経験から、ディスク自体は案外無事な場合が多く、同じメーカーの同型のHDD基板を交換して何とかうまくいった経験が何度もあります。同型のHDDモデルをオークションなどで探して「HDDボード換装」も視野に入れました。
しかしながら、PCは5年以上前のモデルでHDDはASTAで容量250GBというかなり古いHDDなので、ナカナカ見つかりません。
また、同型が見つかっても、HDDの生産ロットによっては全く同じ基盤でない場合もあり、換装後動作しない場合もあります。
そういうわけで、「HDDのドナー探し」は平行で捜索しながらも最終手段(15時間後には間に合わないですが)にすることにしました。

で、何か対処方法がないかと思いをめぐらせました。
思いついたのがクローニングソフトを試してみることでした。

クローニングソフトとしては
ノートンゴーストがメジャーでしたが今は
SYMC SYSTEM RECOVERY DESKTOP 2013 WIN ML PER DEVICE BNDL BUS PACK BASIC 12 MONTHS

になっていて、価格も安くサーバーコンピュータにも対応しています。
じっさい私の周りでもサーバーに利用しているケースも多々あります。

この方法も実施する場合は、最後から2番目としました。ソフトの手配に時間がかかりそうです。お金もかかりますしね。
で、たどりついたのが、「EASEUS Todo Backup」と言うソフトでした。
フリー版と有料版があり、フリー版でも十分な機能があると思われました。
評価はさまざまですが、試す価値はありそうでした。

本家はhttp://www.todo-backup.com/で入手できますが、メールでダウンロードリンク取得など、ちょっとめんどくさいです。
「窓の杜」での入手が、もしかすると手軽かもしれません。

2014/1/31現在のバージョンは6.5でした。
-----------------------------------------------------
追記です。(2017/1/23)
EaseUS Softwareさまより、最新情報のリンク先の表記の依頼がありましたので記載します。
以下コメント全文です。

↓------------------------------------------------------
リンク追加の依頼について
ど素人おじさんのblog 管理人様

お世話になっております。EaseUS Softwareです。

突然のコメント、失礼致しました。

御サイトで弊社の製品をご紹介頂きまして感謝しています。

この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

より詳しい内容をお読みになりたいユーザーのために、お手数ですが、記事中にEaseUS Todo Backup Freeの日本語公式ページをご追加頂けませんでしょうか?

http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

お忙しい中ご無理申し上げまして大変恐縮でございますが、ご検討頂けば幸いに存じます。

ちなみに、このEaseUS Todo Backupはもう10.0にアップデートしました。お時間のある時に、上記のページにてご覧頂けばと思います。

どうぞよろしくお願い致します。
↑----------------------------------------------------------

続きを読む

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ




もうすぐ4年目のハリヤの消耗部分のチェック

ハリヤに乗り始めて4年目に入ろうとしていますが、
走行距離はすでに20,000Kmを越えてしまいました。

20,000Kmを目前のところで、後輪軸の不具合に見舞われ、リアホイル丸ごと交換を余儀なくされました。
それをきっかけに、他の老朽化や消耗部分を見直す必要が多々アリと、認識しました。
以下が、気になる部分でした。

1_リアブレーキレバー(左)の調整テンションねじがバカになっている。「無理やり斜め押し込みのネジ締め」でやり過ごしている。
テンション調子ネジのおかしいリヤブレーキレバー

2_ギヤシフトがトップから軽いギヤにはスムーズにシフトするが、軽いギヤから重いギヤはスムーズにシフトしない。一挙に2段3段シフトしてチェーンが暴れまわりハズレそうな感じがする。

3_リチウム電池のもちが悪くなってきた。購入時は往復30Kmの通勤で2往復半~3往復が可能だったが、現在は1往復で残りランプが1/5~2/5になる(寒さも関係するかもしれませんが)。

4_右グリップが裂け始めている。ただし、まだ支障はない。
裂けはじめたハンドルグリップ


5_前/後ブレーキの接続近くのワイヤー部分がサビ始めている。ただし、支障なく動作している。
錆付いたブレーキケーブル

6_シフトレバー(グリップ)が重く、チェンジに力が要る。また、ギヤの表示窓が内部のヨゴレで視認不能。
まるで役に立たないシフトインジケータ

7_シートポストのピン(クイックリリース)がサビついている。
錆付いたシートピン

8_サドルの所々が破れ、ヒビ割れし始めている。ただし、使用には差し支えない。
破れ/ひび割れが発生したサドル

9_各所のネジがサビ始めている。
各所のネジにサビ

10_ブレーキパットを前後とも購入以来交換していない。なんと3年経過しているが、パットにはかろうじてミゾがあり、機能に支障はない

と言う感じです。

今後のメンテナンスは、
「走行中に何かあったら」という安全性の面から優先順位として、ブレーキ、シートピンの対応を最優先としました。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用




A disk read error occurred の対処

最近続けざまに、
「昨日まで普通に動いてたんだけど今日立ち上げたら、こんな画面が出てきた」

A disk read error occurred
Press ctrl + alt +del to restart

という場面に3連続で遭遇しました。
A disk read error occurred

この場面は、HDDは認識されているが、読み込めない現象を表しています。
この対処についてはネット上にさまざまな対処方法が紹介されています。
他にも似たような例として、

◆operating system not found

◆次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした:
\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

◆次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした:
System32\Drivers\Ntfs.sys

などなど、あります。

その対処法として、Windows回復コンソールから「fixmbr」「fixboot」を実行して、
MBR (マスターブートレコード)とブートセクタの修復を行ったり、
壊れたファイルのcopy修復を行ったりすることが広く紹介されています。

ちなみにWindows7ではその前に「F8」の連打で以下の画面が立ち上がったら
F8連打のWindows7表示画面
「コンピュータの修復」を選んで「スタートアップ修復」を選んで、自動修復出来る場合もあります。

ところが、ところが、これが落とし穴になる場合もあります。
実は、システム的には重要ファイルもMBRも壊れていない、と言う場面です。

続きを読む

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ




プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 02
2014
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる