ど素人おじさんのblog 2014年04月

ハリヤのリヤのギヤ(スプロケット)の交換

ハリヤのリアスプロケットの6TH(歯数13T)の歯が2ヶ所欠けたので、
スプロケットとスプロケットはずしの道具をAmazonで注文しました。

モノは4日後には届いたのですが、
腰の重い私はなんと1ヶ月ほど、だまし、だまし、放置して乗り続けていました。
今日は雨だから、だの、忙しい、だので、
距離にして約600Kmを軽く超えていました(汗)。

それでどうなったかと言うと、
二番目に重い6THのギヤにシフトするとチェーンが暴れまわる現象がおき始めました。
また、そこから他のギヤにシフトするとやはり暴れまわる率が高くなりました。
2回ほどチェーンも外れました。
夜間の仕事帰りの上り坂道では、恐怖です。

さすがに、これはヤバイと思ったので、
翌朝、出勤前に作業を強行です。
不測の事態に備えて、作業時間を1時間としました。
それを越えたら、バイクのFTR223の出番になります。

購入したスプロケットは
購入したSIMANO HG-41
シマノ SHIMANO CS-HG41 カセットスプロケット 7スピード 11-28T ECSHG41712 8です。
ギヤ構成は11-13-15-18-21-24-28となっています。
送料込みで1.330円でした。

さっそく、スプロケット交換作業に入りました。

すでに、私のハリヤのリアタイヤは完組みホイル購入で「クイックリリース」なのですが、
初心者なハリヤユーザーのためにあえて手順を示します。
本格的な自転車のりの方は無意識にでもできるレベルのものなのですが。。。。

まず、リヤタイヤを外すためにやっておかなければならないポイントが2つあります。
これをやらないと外れません。

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク




ハリヤのリヤのギヤが

ある日、夜間帰宅途中、
急な上り坂からやや平坦な勾配のところに差し掛かったので、
ハリヤのギヤを5TH(15T)からトップの7TH(11T)にSHIFT UPしようとしたら、
ギヤが暴れまわって、シフトチェンジしないんですね。

安全なスペースに一旦停車して、ギヤをみると何か小さな板状のモノが挟まってました。
暗がりではよく見えなかったんですけどね。
取り除いて軽く走ってみてシフトチェンジするので、そのままいつものように帰宅しました。
こういうことは、これまで何回かありました。
これまで挟まっていたものは、小石とか木の枝とか草とか、です。

翌日、出勤前にリアギアを確認すると、
6TH(13T)のところが2ヶ所、歯が欠けていました(驚)。
6THギヤ(13T)が2ヶ所破損欠落している。

念のため、試走してシフトチェンジの状態をチェックしました。
シフトダウンはスムーズですが、シフトアップは相変わらず2段、3段越で急に戻ります(汗)。
歯が欠けていない時と使用感は変わりません。
しかし、このままでいいはずがありません。

ところで、ははは、基本的なことですが、
世間では「リアギヤ」なんて素人っぽいキーワードではなく、
「スプロケット」と称されるのが一般的です。
それは7段とか6段のギヤの塊のことです。
スプロケケットにはカセットフリーとボスフリーの2種類があります。
どう見ても、ボスフリーは旧世代の感があります。
現在はカセットフリーが一般的で、本格的な自転車のりの方々は、
さまざまな用途に応じて、交換セッティングされているようです。

ちなみに、私のハリヤのオリジナルスプロケットは、旧式のボスフリーでした。
しかし、ある時期のハブ不良にの対処の際「完組ホイール交換」で、カセットフリーになりました。

RITEWAY(ライトウエイ)MTB 32H リア7S リム組ホイール(シルバー)826204

スプロケットは「完組ホイール」のおまけでついていたものです。
DNP社製で、いろいろ調べたのですが、型番不明です。
もしかすると、スプロケット留具だけがDNP社製かもしれませんけどね。
リムに付属のギヤDNP社製
「完組ホイール」を購入したときは、クイックリリース仕様でかなりのお得感がありましたけど、
まぁ、スプロケットの歯が欠けても、まだまだ、私にとってはお得感はありますけどね。
それに、いろいろ得るものも多かったです。

余談になりますが、ハリヤでトップの7TH(14T)では、ギャチェンジの重要性はあんまり感じませんでしたが、

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク




ハリヤのソーラーサイクルリアライトを防滴加工する

ハリヤのソーラーサイクルリアライトを取り付けて、
は2ヶ月を経過していますが、快調です。
ソーラーサイクルリアライト取り付け前面
ただ、雨の日を避けて乗っているので影響はないのかもしれません。

ご存知のように、このソラーライト

ソーラーサイクルリアライト、ソーラーLEDサイクルフラッシュライト、テールライト
はAmazonで送料無料で385円(2014/2/25現在)と格安なのですが、
防水仕様ではありません。

あまりにも、格安なので、
濡れて壊れてしまえば買い替えがいいのかもしれませんが、
やはり、「DIYのこころ」が許してくれません。
ネット上にも事例的な部分がないので(メリットが少ないからですかね)
私の防水あるいは防滴の改造レポートを紹介することにしました。

参考にされる方は、あくまでも自己責任でお願いしますね。

ソーラーライトの裏側は画像のように既に基盤がむき出しに見えています。
すぐに、湿気でやられそうですね。
ソーラーサイクルリアライトの裏側。穴が開いている。防水仕様がされていない。

まず、分解です。ボディーのプラスネジ2個を外すだけであっさり開きます。
やはり、パッキン加工は一切ありません。
ソーラーサイクルリアライトはプラスネジ2個を外すだけで簡単に分解できる1。

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク




プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 04
2014
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる