ど素人おじさんのblog チューナーについて

チューナーについて

ギターは本当に遊び程度のもので、
とても人に聴かせるレベルのではないのですが
2年ほど前に、赤いギターを買ってから、
恥ずかしげもなく、人前でギター1本で唄う場面が出てきました。

当初はチューニングは440Hzの音叉を使ってました。
音叉440Hz
(今でも場合によって使いますけどね)
でも、手間がかかるんですよね、
しかも、本番な場面でチュ-ニングが狂った場合、
何かの弦に合わせるしか。。。すばやい対応が出来ない。
絶対音感があるわけでもなし

で、1年ほど前、周りの意見とアマゾンの評判で
コルグのAW-2というデジタルチューナを購入しました。1600円(送料込)だったと思います。
コルグと言えばシンセサイザーの有名メーカーですね。
コルグAW-2
カルチャーショックでしたね。振動で音を合わすなんて。。。。
もちろん、内蔵マイクモードであわすことも出来ます。
ためしに音叉の440Hzは、マイクでも振動でも、
ちゃんと「A」に、ひと目盛りの狂いもなく表示します。

今さらながら、時代は変わったことを思い知らされました。
まぁ、周りでは音叉なんか使ってる人は皆無ですね。

ただこのチューナ、クリップが弱くてずれたりしてました。
でも、かなり重宝して使っていました。
管楽器のチューニングにも使ったりしました(私じゃないですけど:笑)

ところが、今月の初め、
人前でやる場面になって、コルグのAW-2が
起動不能になりました。
考えられる原因は数々。

何回も落としたり、濡れたり。。。。
ビールの入ったジョッキーの中に落としたり。。。

その場は、他の出演者からデジタルチューナを借りてしのぎましたが。。。
あとで、AW-2をいろいろ確認したり電池をかえたりしましたが、ダメでした。
それで、あらたに、ほかのチューナーを購入することにしました。

ちなみに、ステージはメタメタでした(泣)
練習と経験がもっと必要です。

話は戻りますが、
経験から、どのメーカーでもそんなに差がないことはわかっていたので、
これまで不満だった
クリップの弱い面が克服されている
という条件を大前提に候補を探しました。

で、購入したのが、SNARKE社のSN-2というもので、1350円(送料込)
SNARK SN-2
いいです。文句なしです。

色もつや消しコーティングで高級感があります。
クリップも問題なし、カラフル液晶で合わせやすいですね。
前に使っていたコルグのAW-2の機能はすべて搭載されてます。

それ以上に、
目視用のメトロロームもついてますが、これは活用してません。
音なしのメトロノームはどうもなじみません。

何かの参考になれば、と
関連記事

テーマ : 音楽機材
ジャンル : 音楽




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる