ど素人おじさんのblog ハリヤの後輪あたりから異音が。。。

ハリヤの後輪あたりから異音が。。。

新しいタイヤを装着し、150kmほど走破した頃、
後輪あたりから異音が。。。ガツンがツンと言うような音です。

降車して、サイドスタンドを支点に後輪を浮かし、手でペダルを回して確かめると、
音はしません。原因がわかりません。
で、乗るとしばらくは音は収まるのですがが、
ある程度走ると、また突然「ガツンがツン」と音が鳴り出します。
かなり大きな音で、道行く人が振り向く「不吉な音」です。
そして、降車して、サイドスタンドを支点に後輪を浮かし、手でペダルを回しても音はしません。

しばらくは、そんな感じで、音が鳴り出したら、手でペダルを空回して、
だましだましやり過ごしていましたが、
そのうち、そのサイクルは3kmほども、もたなくなりました。

それでも、原因がわかりませんでした。
ギヤでもなく、ディレイラーでもなく、チェーンでもなく。。。。
だましだましは続きました。

そして、とうとう「だましだまし」は効かなくなり、
手でペダルを回して、鳴り続ける音の出所が判明しました。
後輪の、ギヤあたりからでした。

家に到着して、後輪を取り外しチェックしました。
外したリアタイヤ
すると車軸(フリー)が「ぐらぐら」で、しかもゴリゴリ感と音があります。
ぐらぐらするハブとフリー
べアリングが欠損したとか、破壊されたか。。。。
そんなところだと思います。
それと、ギヤの部分のラチェット(と言うのかわかりませんが)が砂をかんだガリガリ音がします。

やれやれ、
対処方法は後輪のオーバーホールか、取替えと言う選択肢になります。
10cmの歩道の段差や、石だらけのでこぼこ道をショートカットを数え切れないくらい行った報いがやってきたのかもしれません。

どうするか?悩みました。
後輪のオーバーホール/グリスアップに関しては、
ネット上でも、いろんな人がやり方を紹介されています。
私が特に参考にしているのは、
Takaよろず研究所
というページです。いろんなことが記述してあります。すごいです。
器具も自作されたりしてます。

後輪のオーバーホール/グリスアップにトライするには、ある程度の専用工具が必要です。

ハリヤの標準装備のハブはボスフリーです。
メーカーはJOYTECと記載されたもので、詳細は不明です。
ただ、廉価版であることは間違いなさそうです。

確かに、ボスフリーはフリーの部分が独立しているので、そのメンテナンスは可能かもしれません。
しかし、それで、分解して、
ハブワン、玉おし、ベアリング、の状態が思わしくなかったら、
それなりの対処するわけですが、もしその部分が、修復不能な状態になっていたら。。。。可能性は大です。
修復不能な状態とは、ハブワン、玉おし、が虫食い状態のキズがついている。変形などです。
ベアリングだけならホームセンターで入手できるかもしれません。。。。けどね。

ここで、思い切ってギヤの選択肢の高いカセットフリーのハブ交換と言う手もありますが、
この場合スポークからの組上げになります。
これにはまたまた、ある程度の環境と専用工具それに「そこそこの技術」が必要になります。

今の私にはそこまでの準備と忍耐が足りません。
かといって、自転車屋さんにお願いすると途方もない値段になることが目に見えています。
この辺は将来的においおいトライすることにして、ホイルごと交換をすることにしました。
つまり、「ホイル完組み狙い」と言うわけです。

この際汎用性の高い700C化も考慮しましたが、
Vブレーキをそのまま流用となるとブレーキ周りの改変が必須になる可能性が大なので断念しました。
実際にハリヤを700C化されている方もかなりいらっしゃるようです。

狙いは「26インチのホイル完組み狙い」としました。
関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる