ど素人おじさんのblog ハリヤのチェーンがキリキリと鳴き始めました

ハリヤのチェーンがキリキリと鳴き始めました

ハリヤのリヤを新しい完組ホイルに取り換えて、
300Kmほど走破した頃、特に勾配のきつい坂などでアシストで走ると、
「キリキリ」とチェーンが鳴きが目立つようになりました。

考えてみると、購入してもうすぐまる3年、もう20,000Km近く走っているのに、
チェーンを1回も交換していないことに気がつきました。
いろいろ調べてみると、明らかな限界越えです。
7・8速のナローチェーンならば、使用環境にもよりますが、
3,000~5,000kmあたりが交換時期の目安となっている感があります。

バイクの場合は画像のようにチェーン調整のゲージがついているので、
チェーン会わせ位置
交換時期がわかりやすいんですけどね。
※ただしこの画像は明らかに限界越えで、危険ですね(汗)
バイクはだいたい15,000~20,000Kmあたりで取り替えていたような気がするので、
感覚が麻痺してたんですね。

かなりヤバイと思ったのでさっそく、調達のための調査です。

ハリヤのチェーンはネット上ではシマノ製の
シマノ チェーン CN-HG50 (6、7、8段・HG対応)

に交換する場面が多く見られます。
ただし、ハリヤのチェーンのコマ数は126なので一般的なチェーンのコマ数は116とか114なので
2つ購入してつなぎ合わせて対応する必要があります。

で、いろいろ調べて迷った挙句、
KMC 7&8スピード用チェーン Z7 シルバー

をAmazonで購入しました。
そこそこ、評価が高かったのと、チェーンの取り付け取り外しが簡単な「ミッシングリング」

が付属していたためです。
ただ中国製というのが皆さん気にしてる部分のようです。

このKMC 7&8スピード用チェーン Z7 シルバーの製造元であるKMCはシマノのチェーンのOEM元とされていますので、品質には問題がないと思われますし、シマノ チェーン CN-HG50 (6、7、8段・HG対応)よりもグレードが高いと思われます。

ただこの「ミッシングリング」はちょっと曲者かもしれません。

実際に手軽に外せず、挙句の果てはチェーンが破損した、とか。
ギヤが「ミッシングリング」の装着が原因でたびたび外れ、11Tの歯数には対応していなのではないか?、とか。
評価の部分で賛否が出てくるところが気がかりでした。

ネット上ではこのチェーンを利用している例は見受けられませんでした。
ましてひとつのチェーンに「ミッシングリング」を2つかまして繋ぐなんて例は通常の場合でも見つけられませんでした。

たまには、人柱になるのもいいかもしれません。

チェーンはオーダーして、3日で届きました。
税込1,508円(送料無料)でした(2014/1/16現在では同じところで1,785円に値上がりなってました)
116コマで2セット購入しました。
購入したKMCのスピードチェーン
すぐに作業に入りたいところですが、
大事を取って次の休日の日中に行うことにしました。

それまで、チェーンは切れないと思いますけど。
関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる