ど素人おじさんのblog もうすぐ4年目のハリヤの消耗部分のチェック

もうすぐ4年目のハリヤの消耗部分のチェック

ハリヤに乗り始めて4年目に入ろうとしていますが、
走行距離はすでに20,000Kmを越えてしまいました。

20,000Kmを目前のところで、後輪軸の不具合に見舞われ、リアホイル丸ごと交換を余儀なくされました。
それをきっかけに、他の老朽化や消耗部分を見直す必要が多々アリと、認識しました。
以下が、気になる部分でした。

1_リアブレーキレバー(左)の調整テンションねじがバカになっている。「無理やり斜め押し込みのネジ締め」でやり過ごしている。
テンション調子ネジのおかしいリヤブレーキレバー

2_ギヤシフトがトップから軽いギヤにはスムーズにシフトするが、軽いギヤから重いギヤはスムーズにシフトしない。一挙に2段3段シフトしてチェーンが暴れまわりハズレそうな感じがする。

3_リチウム電池のもちが悪くなってきた。購入時は往復30Kmの通勤で2往復半~3往復が可能だったが、現在は1往復で残りランプが1/5~2/5になる(寒さも関係するかもしれませんが)。

4_右グリップが裂け始めている。ただし、まだ支障はない。
裂けはじめたハンドルグリップ


5_前/後ブレーキの接続近くのワイヤー部分がサビ始めている。ただし、支障なく動作している。
錆付いたブレーキケーブル

6_シフトレバー(グリップ)が重く、チェンジに力が要る。また、ギヤの表示窓が内部のヨゴレで視認不能。
まるで役に立たないシフトインジケータ

7_シートポストのピン(クイックリリース)がサビついている。
錆付いたシートピン

8_サドルの所々が破れ、ヒビ割れし始めている。ただし、使用には差し支えない。
破れ/ひび割れが発生したサドル

9_各所のネジがサビ始めている。
各所のネジにサビ

10_ブレーキパットを前後とも購入以来交換していない。なんと3年経過しているが、パットにはかろうじてミゾがあり、機能に支障はない

と言う感じです。

今後のメンテナンスは、
「走行中に何かあったら」という安全性の面から優先順位として、ブレーキ、シートピンの対応を最優先としました。
関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる