ど素人おじさんのblog NECのパソコンVN770FS6Wの液晶パネルを交換する1

NECのパソコンVN770FS6Wの液晶パネルを交換する1

昨年(2013年)の12月。
ある会社の社長さんから連絡がありました。
NECの一体型PCを倒して、液晶画面が壊れてしまい修理代がかなりかかってしまうので、
そのかわりノートPCを修理見積もりの半額以下の値段で購入したそうです。

壊れたPCはNECのパソコンVN770FS6Wで、21.5インチの液晶ディスプレイです。
21.5インチの液晶画面は確かに修理費がかかるでしょうね。
で、「ときどきピンチのときお世話になってるから、よかったらあげるよ」とのことでした。

メーカー修理は、見積もりだけで8,000円。
単純なファンエラーでも15,000円から20,000円みたいなので、そんなところでしょうね。
ファンの交換なんて、自分でやったら500円くらいで済むかもしれないんですけどね。

まぁ、もらうのはうれしいんですが、
「外付けディプレイを付けるなりして、不便ながら使えるのじゃないのかな?」
「本当にいいのかな?」
と、一応念押しをしたんですけど、

社長曰く、
「ちゃんと調べた。このPCは、外付けのディスプレイ端子がない。HDMI端子があるが、これは取り込み専用だ」
「HDDもおそらく死んでる。ただ購入時の全体バックアップはDVD8枚に焼いてある」
「それに、メーカー買取制度があったが、査定は0だった。PCの廃棄は無料だったけどな。だから、よかったらあげようかと思ったんだよ」
「ああそれと、忘れてた。メモリーの2枚のうち1枚は、抜いて、買換えたノートPCに増設に使った。だから、4GBが1枚だけ刺さってる。これは役に立ったな。買うと5,000円はするからな(笑)」
「Yahooオークションにジャンク品やバラで出そうかと思ったんだが、梱包やら発送がいろいろ面倒そうだから、やめといたよ」
「あと、余計なことだが、このPCのCPUはCorei7だけどかなり特殊なやつで、対応マザーボードがほとんど無いぞ」
社長さんはメーカーPCを購入するときはかなり検討するタイプで、PCに関してはかなり勉強家です。
ああ、そういえばかなり昔、この社長さんには周辺機器が対応しないと言うことで、
私のEPSONの古いPC(日本版MS-DOS)と購入したばかりの当時最新版のIBMのDOS/V機を交換したことがあったような気がします。
社長さんはパソコンがMS-DOSの頃からの熟練者です。

なるほど、なるほど、なるほど、なるほど。
とういうことで、NECのパソコンVN770FS6Wをもらいうけることになりました。
ただ、HDDは個人情報が入ってるので、物理的に破壊することで、了解をいただきました。

もらい受けたNECのパソコンVN770FS6W電源を入れると、こんな感じでした。
頂いた壊れたPC
美しいパソコンですが、
かなり、ヤバそうですね(汗)。液漏れはなさそうでした。
HDDが動いてるかどうかわからなかったです。
静音なのか?本当に動いてないのか?ただHDDのランプは動きを示す点灯をしていました。

で、これからこのPCどういう風に料理するか?検討に入りました。

これまでの経験上、ノートPCや一体型PCの液晶パネル交換は、
もちろん単純に該当の液晶パネルの交換だけでうまくいく場合もあります。
が、しかし時には、厄介な事態に陥ってしまうことがしばしばあります。
それは特別な設定の変更を行なわければならない場合でした。
これがけっこう前準備段階から手間なんですね。

ということで、
私にとって液晶パネル交換は運まかせであり、かなりの「鬼門」なる場合があるです。

液晶パネルは、マザーボードに直接接続されているわけではなく、
その中間に、インバーターボードが存在します。
インバーターボード上にはEEPROMがあって、ここに情報が書き込まれています。
内容は単純なパネルIDの場合だけの場合もありますが、
中には、このEEPROMに
  ①BIOS 作成ID (BIOS バージョンNo)
  ②システム・ボード・シリアルNo
  ③シリアル・ユニット・シリアルNo(UUID?かな暗号化される場合もあります:泣)
  ④液晶パネルシリアルNo
が設定されていている場合があるのです。
シリアルNoの部分がモデルNoである場合もあり、パターンはさまざまでした。
ちなみに、同じ部品モデルでもロットなどの微妙なの違いなどで、動作NGの場合があるようです。

余談になりますがにマザーボードを交換したときも、同じようにEEPROM書換えが発生する場合も時としてあります。

なお、この設定作業は、一般的に「ツール」をPC製造メーカーや、
マザーボードメーカーもしくは各ボードメーカーから入手(困難な場合も多いです)して
FDユニットやUSBメモリなどを接続して、外付けディスプレイで作業をおこなう場合が多いようです。
または専用の設定機器を接続する場合もあるようです。

VN770FS6Wはどうなんでしょうかね?単純なパネル交換で成り立てばいいのですが。。。
NECはやったことがないのでわかりません。
これまで、ID書換えがあったメーカーはSONY、富士通、IBM(今はLenovo)でした。
もちろん、これらのメーカーでもIDなしで交換OKの場合もありました。
まぁ、いずれにしても外付けディスプレイで確認する場面は多々あるような気がします。

ところが、ところが、
今回のVN770FS6Wには外付けのディスプレイを接続するインターフェイスがありません。
メーカーのサービスマンは特別な機器で接続しているのかも知れません。
どうやって画面を映し出して作業確認をするんでしょう?

まぁ、それはともかく。
まずは、とりあえず、まずは液晶パネル探しです。とにかくなるべく安く、です。

VN770FS6Wを分解してわかったことは、
破壊されていた液晶パネルはLG社製で、
LM215WF3(SL)(D1)という型番の液晶パネルです。

けっこう、中古や新品と出回ってます。
価格は15,000円くらいから40,000円くらいのものでしょうか、
液晶パネル自体の性能はかなり良いようです。現行機でも採用されているフシがあります。

Amazonにもありました。


NEC PC-VN770GS6 LM215WF3 (SL)(D1)用液晶パネル 21.5インチ

3万円越えですね。Yahooオークションでは15,000円くらいから見受けられます。
安部のミックスで円安が進んで高くなっていくかもしれません。

やれやれ。
関連記事

テーマ : パソコン修理
ジャンル : コンピュータ




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる