ど素人おじさんのblog 電動ドリルを買い換えました

電動ドリルを買い換えました

平成10年11月からずっと愛用していた、電動ドリルがついに動かなくなってしまいました。調子はずっと悪かったのですが、分解してみると、中の部品が割れたりしてちょっと再起不能な状態でした。何十回も落下させたり、無理な使用でモーターが焼きついたりとずいぶんひどい使い方をしてきました。
リョウビFDD-10

思えば、ウッドデッキ作成ではこのドリルではすべてコースレッドのねじ込みをしました。5段階クラッチがついていて、締めこみすぎを防止できる点が良かったですね。そういえば雨の中で使用して感電したこともありました(汗)。
トルクは
・クラッチ5段0.6~3.0N・m
ドリル6.4N・m
とまあ、非力でしたが私には十分な能力でした。
私は基本的にインパクトドライバーがちょっと苦手なので、ノーマルなドリルが好きなのです。インパクトドライバーはどうしても「ネジ頭のつぶれ」や「板割れ」を招いてしまい、本当に必要な場合しか使用していません。

先日、部屋の照明器具がおかしくなり、どうしても取り外さないといけない状態になりました。
照明1

そのときすでに赤いドリルは使用不可になっていて、ごっついインパクトドライバーは持っていたのですが、高所作業(2.8M)で手軽な重さのドリルが欲しかったので探しに行きました。
発売元:三共コーポレーションのAD-115Rというドリルを買いました。
AD-115R

このドリル、大きさと軽さは「赤いドリル」とほぼ同じなんですが、トルクが最大10Nmなんですね。そして見てわかると思うんですが、5段クラッチに加えて無断回変速機能まで装備されているですね。でも、無名なモデルなんですね、もちろん検索エンジンにも引っかかりません(笑)。ちなみに「赤いドリル(FDD-10)」はちゃんと検索エンジンにひっかかります。
税込み2600円だったので即買いしました。ちなみに「赤いドリル」もそのくらいの値段だったと記憶しています。
使い心地は、すごくいいですね。
チャックもキーレスで手軽にビットを交換できるタイプでした。

ところで、照明のほうは内部を分解してみると、
照明2

ガラス管タイプ(内蔵ハンダ固定)のヒューズが飛んでいました。ヒューズ自体は安いのでハンダ付け使用かと思って、販売元の技術者に相談したら、
実はこのタイプ、ヒューズが飛ぶこと自体、基盤の損傷を表していて基盤部の全面交換しないといけない(とマニュアルに書いてある)と言われてしまいした。

基盤だけ注文しましたがいくらかかるんだろう?買い換えるよりはずっと安いとは言ってましたけどね。
関連記事

テーマ : 手作りしましょ。
ジャンル : 趣味・実用




コメントの投稿

非公開コメント

新年あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。月並みですが本年もどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる