ど素人おじさんのblog puppy linux起動

puppy linux起動

1ヶ月ほど前の記事でもアナウンスしていましたが、
Linuxを日常的なPCにしようかと、Live CD Linuxを軸にどれにしようかと、
ここ1ヶ月ほど模索してました。

Live CD Linuxといえば、今まではレスキュー的な使いか方がメインで、
時にはコマンドプロンプトベースで必要ジョブを起動して、何やらかにやら対処して終わり、
と言う風に、あまり楽しくない場面で利用していて、
実際にLive CD Linuxを日常的なPCに利用するという部分には全く触れていませんでした。

しかし、Live CD Linuxは私の予想をはるかに越えて進化していました。
びっくり仰天の世界です。
代表的なものはおおむねSlaxとPuppy Linux というのが一般的な世間的な評価です。

ちなみにディスプレイ部分のヒンジが破損していますが、何とか動作する
ノートPCにインストールしてみました。
ディスプレイ根元のヒンジが破損したノートPC
最初はSlaxに挑戦していたんですが、
どうもHDDにインストールする部分が上手くいきませんでした。勉強不足なだけなんですね。
しかしながらCDベースであれば、私が利用する環境ではマシンの機器はもれなく認識し、
起動までの多少の時間はかかるものの、一旦起動してしまえば、
一昔前の機器にもかかわらず、最新マシンにひけをとらないほどにさくさく動きました。
また、KDE のオフィス・ツールである、ワープロの KWord と表計算の KSpread が標準装備されているので、ExcelやWordとの互換も取ることが出来て普通に使う分には問題なく、むしろ快適な環境を構築できる可能性を強く感じました。

でも、HDDにインストールできないのはやはりつらいですね。
しかもネットワーク設定の保存方法が今ひとつわからない部分がありました。。。勉強不足なんですけど
というわけで、
今度はPuppy Linuxをインストールしてみました。
PuppyLinuxガインストールされたノートPC
Puppy Linuxについてネットで検索すると膨大なページがヒットします。
なかでも。、Puppy Linux日本語ページからいくつかの公式と思われるページがリンクされていますので、
その中からHDDのインストールのやり方が載ったページをみつけることが大切です。
もちろん、場合よっては記述どおりには上手くいかないこともあります。
私の場合は
本家マニュアルサイトが大変役に立ちました。
インストールは比較的簡単で、以下の手順になります。

1)ダウンロードしてPuppy LinuxのLiveCDを作る
2)PCでCD-ROMさせて立ち上げる
3)パーテーションの設定(PCにWindowsと混在のダブルBOOTの設定が可能)
→システム領域、Work領域、Windowsとの共有(互換)領域の設定です。
4)各領域をフォーマットする
5)メニュー>セットアップ>Puppyユニバーサルインストーラでhard Driveでフルインストールする。
6)GRUBのインストール
7)再起動してCDから立ち上げ
8)menu.lstの修正
→このとき7)をしておかなと、該当ドライブをマウントできず、修正できないことに注意。
9)終了

と言う流れです。

只今、快調に動いてます
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ど素人おじさん

Author:ど素人おじさん
まだまだ「何てこと無い」と思ってるのですが、時々歳を思い知らされるときが。。。。。

カテゴリ
Calendar
<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログへ
RSSフィード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる